園庭で鼓笛に励む月組さん。

虫かごの中でははらぺこあおむしが食事中です。

そんな平和な昼下がりにけたたましく響く

サイレンの音。

 

 

 

 

 

 

今回は大規模地震の設定での避難訓練です。

くつろぎ中の花組さんは大パニックと

泣き声の中、防災ずきんをかぶって机の下に

もぐります。

 

 

 

 

 

 

先生達も子どもたちが泣くのをわかっていて、

サイレンを鳴らすのは心が痛むのですが、

災害時にそんなことは言っていられないと

心を鬼にして子どもたちを誘導します。

 

 

 

 

 

 

地震がおさまれば園庭に避難します。

 

 

 

 

 

 

もちろん本番を想定して上履きのままです。

 

 

 

 

 

 

当園の教室の配置は一斉に子どもたちが

動き出しても混乱の少ないレイアウトを採用しています。

2Fにも必ず2経路以上の避難口が確保されています。

 

 

 

 

 

 

園庭では各クラス点呼確認を行い、園長に

安全確保を報告、今回はここまで約5分でした。

 

 

 

 

 

 

大規模地震の際はインフラの切断により

保護者様と連絡が取れない事が予想されます。

その場合、特殊な場合を除いて園児は

園内にて待機して保護者様の到着を待ちます。

「大きな災害時は子どもたちは幼稚園に

とどまっている。」と覚えておいてください。