冬らしいどんよりとした曇り空に

桜のつぼみは固く閉じています。

寒さの厳しい日が続きますが、

園庭では子どもたちが「はないちもんめ」で

遊んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

ルールのある遊びを楽しめるようになると

今までとは違う世界が広がりますね。

 

おや、屋上から子どもたちの声が・・

いえ、悲鳴が聞こえます。

 

 

 

 

 

 

 

見に行ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

屋上プールで氷の観察をしていました。

 

 

 

 

 

 

冷たい氷をおそるおそる割っています。

 

 

 

 

 

 

氷の冷たさ、固さ、重さ、割れ方、

五感で感じます。(味覚は使っていませんが)

 

 

 

 

 

 

寒いので極力触れずに持ち上げています。

指先よりも手の甲の方が冷たさに耐えられる事に

気づきました。

 

 

 

 

 

 

写真を撮り終わるまで耐えてくれています。

 

 

 

 

 

 

大物はみんなで力を合わせて。

ツルツル滑って持ち上がりません。

 

氷体験の後の手洗いで

「あれ?いつもの水道からお湯が出てる!」

(もちろん実際には普通の水です)

不思議な体験もできました。