今週は星組さんと花組さんが

3日間にわけてじゃがいも掘りに

でかけてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期には珍しく、3日間天気は良好でした。

こんな畑をお借りしています。

 

 

 

 

 

 

直前に雨が少なかったため、サラサラとしていて

子どもたちも掘りやすかったようです。

 

 

 

 

 

 

花組さんの柔らかい指先でもお砂場のように

掘れます。

 

 

 

 

 

 

遠くから慎重に掘り進めたり、

 

 

 

 

 

 

カブや大根のように引っ張ってみたり、

 

 

 

 

 

 

化石発掘のように丁寧に土をどかしたり、

 

 

 

 

 

 

しばらくじゃがいもを眺めてから一言

「リンゴ」とつぶやいたり。

(りんごの枝のようなものが出ていました)

 

 

 

 

 

 

 

こちらもしばら~く眺めています。

何か感じるものがあったのでしょうか。

 

いつも食べているおいもが、土の中で成長する

ことは、みんなわかったようです。

 

大きなおいもの自慢が多い中、

「先生見て!」

小さなおいもに可愛らしさを感じたので

しょうか。

 

 

 

 

 

 

 

それぞれが思い思いに楽しみながら

あっという間にたくさんのじゃがいもが

掘り起こされました。

 

 

 

 

 

 

 

空を見上げると太陽の周りに虹が。

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん子どもたちですので、

楽しんだ分

盛大に上から下までよごれて帰りました。

 

 

 

 

 

 

お風呂にお洗濯、お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

さすがにお顔は園で洗いました。

 

 

 

 

 

 

 

後半の会話はじゃがいも料理のお話し。

カレーに肉じゃが、じゃがバターに

フライドポテト、お家での料理を楽しみに

バスに乗り込む子どもたちでした。

 

 

 

 

 

 

 

月組さんのお芋掘りは秋のサツマイモです。